【健康講座②】コロナ時代に最も優先すべき免疫力強化

こんにちは(^^)/ ユニソルのバランス測定士小田です。

今回は第2回目の健康講座となります。

1回目の記事はこちらからご覧ください↓↓

コロナ時代に急増しているフレイルって何?

今回は、免疫力について一緒に理解していきましょう。

コロナで最も優先すべきは

まずは、前回の復習からお話します。

コロナについてテレビや新聞などの報道を見ていると、すごく怖い思いを抱くと思いますが、
その気持ちが強いあまり、外出することを控えすぎてしまい、運動不足になってしまう人が非常にたくさんいます。

そもそも筋力というのは、普通に生活していたとしても、60歳を過ぎると年間1%ぐらい下がっていくものです。

それなのに、運動不足になってしまうと、筋力量はものすごいスピードで低下していってしまいます。

筋力が低下すると

少し動いただけですごく疲れてしまうため、動きたくなくなり元気もなくなりますし、

つまずきやすくなり、ケガの危険性も高まってしまいます。

また、運動不足はストレスもたまりやすく、認知症のリスクも高まったり、

そして、何よりも怖いことは、免疫力が下がってしまうということです。

コロナに掛からないようにあまり外出しないようにすることで、
返って体が弱くなり、コロナにかかりやすい体になってしまうんですね。

では、こういう時期に最も優先すべきことは何かということですが、

当然ですが、コロナにかかりにくい健康な体を作っていくことなのです。

そもそもコロナは風邪ウィルスの一種です。

風邪ということで考えてみると、人によって風邪にかかりやすい人もいれば

風邪にはめったにかからないという人もいます。

この差は何かというと、免疫力の差なのです。

免疫力が高ければ、風邪ウイルスは体内に入ってこれなくなります。

だから、まずは風邪にかかりにくくするために、自分の免疫力を強化していく必要があるのです。

 

免疫力を下げる生活習慣

免疫力というのは、筋力と同じように、加齢とともに少しずつ弱くなっていきます

だから、下げないためには日々の習慣が必要となります。

まずは免疫力を下げる習慣を知っておきましょう。

当たり前だと感じる人も多いかもしれませんが、再確認の意味でチェックしてみましょう。
あなたには以下の習慣はありませんか?

☐睡眠不足

☐食べ物の好き嫌いが多く栄養が偏る

☐運動不足

☐激しすぎる運動

☐ネガティブ思考

☐我慢することが多くストレスがたまる

☐お酒を多く飲む

☐タバコを吸う

 

不健康な生活習慣が、免疫力を下げていきます。

これらの習慣をいかに変えていくのかが重要になります。

不健康の代表と言えばタバコです。

 

タバコを吸う人には申し訳ないですが、コロナにかからないように外出を控えることよりも、まずはタバコをやめて、重症化リスクを減らすことの方が大事です。

タバコには200種類以上の有害物質が確認されていて、免疫力も低下していきます。

急にはやめられないとしても、ゆくゆくは絶対にやめたい悪習慣です。

とりあえず吸いすぎないように、ほどほどにしておきましょう。

 

免疫力を上げるための基本的な考え方

免疫力を上げるためには、先ほどの免疫を下げる習慣の逆を行うことが必要になります。

免疫力を上げる基本的な考え方は、以下の4つです。

バランスの良い栄養を取り入れ、

程よい運動で筋力低下を防ぎ、

色んな人と楽しくコミュニケーションを取り、

質の良い睡眠を取る

ということです。

不健康な生活習慣は、自分の体の免疫力を弱めてしまいます。

コロナを恐れるあまり、家の中のいる時間が以前よりも増えた人は多いと思いますが、

家の中であまり人と接することもなく、運動不足になって

さらに、偏った情報しか流れないテレビばかり見ていたら、

ネガティブ思考にもなっていくし、認知機能や免疫力も落ちてしまうのです。

 

免疫は体温の影響を受ける

それを回避するためには、

まずは、適度な運動が必要になります。

適度な運動は、代謝や体温を上げてくれます。

体温は免疫力に大きく影響します。

免疫力が正常に働く体温は36.5℃~37℃と言われています。

あなたの基礎体温はどれくらいですか?

もしも低体温なら、ストレッチや運動を習慣にしていきましょう。

ちなみに、体温が1℃下がると、免疫力は30%程度下がってしまいます

逆に体温が1℃上がると、免疫力は普段よりも最大5~6倍までアップします

 

適度に運動するということは、単に筋肉量を落とさないというだけでなく、

運動することで、心や頭の働きも活発になり、フレイルを予防するだけでなく、

体温を高めることで免疫力もアップし、ウィルスにも負けない体へと自分を作ってくれるのです。

 

腸内環境を整える栄養

また、それにプラスして、栄養、コミュニケーション、睡眠も今後は意識して改革していきましょう。

栄養については、どんな栄養をとればいいのかというと、それは腸内環境を良くする栄養です。

免疫細胞の7割は腸内に存在すると言われています。

腸の調子を整えるためには、

納豆、ヨーグルト、チーズなどの発酵食品や、

ごぼう、アスパラ、かぼちゃ、キャベツ、レタス、豆類、イモ類、キノコ類、海藻類などの食物繊維

などが良いとされています。

 

色んな人と接する

また、人は誰かと笑顔でコミュニケーションをとることで、ストレスが軽減します。

ストレスが高い人ほど、生活習慣は荒れてしまいがちですし、体の免疫力も下がってしまいます。

免疫力を守るためにもリラックスすることが重要ですので、ストレスをため込まない工夫をしていきましょう。

笑顔になることで、心もリラックスできますので、だれかと楽しくおしゃべりする機会をもうけていきましょう。

できれば、自分に程よい刺激を与える意味でも、いつも同じ人ではなく、

新しい人と出会う場があると最高です。

 

最後にもう1度、免疫力を高める4つの基本を書いておきますので、ぜひ参考にしてください。

 

バランスの良い栄養を取り入れ、

程よい運動で筋力低下を防ぎ、

色んな人と楽しくコミュニケーションを取り、

質の良い睡眠を取る

では、また(^^)/

 

ユニソルのバランス測定士は、年間1000人以上の足型&バランスを測定しています。

バランス測定でどんなことが分かるのか、こちらをご覧ください↓↓

バランス測定

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください