健康になる最大の秘訣

どうも、ユニソルの小田です。

今回は、健康になる最大の秘訣という大それたタイトルで書いていきたいと思います。

良い選択とは

結論から言うと、健康になる最大の秘訣は、自分にとって本当に得なことを選択していくことができるかどうかです。

 

例えば、ポテトチップス好きな人が、これからも毎日食べ続けることを選択するのか

それとも、ポテトチップスを極力食べないことを選択するのかで将来の健康具合は大きく差が開きます。

 

ポテトチップスを今食べたいという気持ちと、将来の健康を天秤にかけてどちらを選ぶのかということですね。

 

要するに今だけ得なことを選ぶのではなく、長期的視点に立って、将来的に得な方をいつも選ぶことができれば、間違いなく健康な未来へたどり着くわけです。

 

人間はそんなに強くない

まあ、でも人間はそんなに強い生き物ではありませんから、

やらない方が良いと分かっていても、やってしまったり、

やった方が良いと分かっていても、やらない方を選択してしまったりするわけです。

 

お酒を飲みすぎてしまったり(ぎくっΣ(‘◉⌓◉’))、たばこを吸い続けてしまったり、運動をしなかったり、食べすぎたり、

やった方がいいこと、やらない方がいいことは分かってはいるのに、なかなかその通りにできないものなんですよね。

 

なぜそうなってしまうのかというと、これは人間が行動を起こす動機付けの問題なんですね。

人間が行動を起こす原理原則は、苦痛を避け、快楽を求めるということです。

 

ポテトチップスを食べることが快楽なら、食べてしまうし、

我慢することが苦痛なら、我慢することを避けようとします。

 

だから、我慢できない自分は意志が弱いからダメなんだなんて思う必要はなく、

みんなそんなものなんだということを知っておきましょう。

 

この原則を踏まえた上で、自分にとって本当に得な方を選択していくためには、どうすればいいのかを考えていきましょう。

具体的なやり方については、こちらの習慣化シリーズを読んでいただければと思います↓

習慣をデザインして最高の人生を手に入れよう

今回は超重要な考え方について書いていきたいと思います。

 

行動を止めることはリスク

重要なのは、行動を止めることのリスクを自覚することです。

 

人間は自分がよく分からないことを恐れて遠ざけようとする習性があります

要するに新しい未知のことにチャレンジすることに抵抗を覚えるということです。

 

でも、すごくやりたいことがあるのに、未知のものだからやらないという選択は、今までと同じ生活を繰り返すということになります。

今までと同じでいることは居心地が良いかもしれませんが、

でもそれは、結局何もしないということです。

 

前回の記事「のび太はなぜ人生を変えることができたのか」でも書いたように、時間とともに健康は段々悪い方へ向かってしまいます

 

挑戦しないということは、何も行動を起こせずに、

徐々に悪くなっていく状況を放置している状態なのだということを自覚しましょう。

ただ、誤解しないでほしいのですが、なんでもかんでも挑戦しようと言っている訳ではありません。

あくまでも、本当はすごくやりたいのに、迷っている場合の話です。

 

人間は自分の選択を正当化しようとする

良くも悪くも人間は自分が決めたことを正当化しようとする生き物です。

 

何か新しいことにチャレンジしようかと迷ったときに、

やらないことを選択したときには

やらなかった自分の選択が正しかったと思おうとしますし、

 

逆に、新しいことにチャレンジすることを選択したときには

チャレンジした自分の選択が正しかったと思おうとします。

 

ここで考えて欲しいことは、

チャレンジしない自分を正当化する人生と

チャレンジした自分を正当化する人生のどちらが良いのかということです。

 

健康になる人は間違いなく後者です。

 

結果の保証されていることなんて世の中1つもありません。

でも、チャレンジすることで何かしらの結果が出ます。

 

その結果が良いものであれ、良くないものであれ、チャレンジしたことは絶対に無駄にはなりません。

すべての経験は、プラスにはなってもマイナスにはならないものです。

何もせずに、いつも通りの毎日を過ごしている人に比べたら、何倍も価値のあることをやっているのです。

このことを理解しておくとこれからの生きる態度が大きく変化します。

 

最後に

健康の秘訣は、自分にとって本当に得な選択をしていくことですが、

日々たくさんの選択をしていく中で、常に本当に良い選択することは難しいと思います。

 

時々間違った選択をしてしまう時もあると思いますが、

でも、今回のことを知っておけば、いくらでも自分の未来のために修正していくことができます。

 

そう、仮に何度間違っても、修正すればよいのです。

 

修正しないまま、間違った選択をした自分を正当化して、いつも通り、

今まで通りの自分でいるということが一番の問題なのだということです。

 

人生は、自分で動かなければ何も得ることはできませんし、

仮に何も動かない方を選んだとしても、

勝手に人生のエンディングはやってきてしまうものなのです。

どんなエンディングにするのかは、自分の選択次第ですから、

惰性で生きて、なんとなくエンディングが来ちゃったなんてことにならないようにお互い気を付けましょうね(^-^;

 

ぜひ今回の話を参考にしていただければと思います。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください