習慣のドミノ効果を利用して健康を自動化する!

こんにちは、ユニソルの小田です。

以前長寿時代のワクワク充実ライフ戦略という記事で、

今後求められる3つの力ということで、以下の3つについて話しました。

未来をデザインする力

感情をデザインする力

習慣をデザインする力

今回はその中の「習慣をデザインする力」について、具体的な方法を書いていきます。

 

妥協する理由

歩く習慣を身に付けたい

早寝早起きしたい

暴飲暴食せずに腹八分にしておきたい

禁煙したい

お酒はほどほどにしたい

 

などなど健康習慣はたくさんありますが、

 

「それらの健康的な習慣を身につけたいとは思うけど、それができないから困っているんだよ」

と思ってしまうものですよね。

 

習慣化というのは、無意識でも続けることが当たり前という状態にすることをいいますが、

その状態になるまでは、意識して継続することがどうしても必要になります。

 

そのときに、最大の敵となるのが「今回は、まあいいか」という妥協する気持ちです

 

習慣をデザインして質の高い人生を手に入れようという記事で書きましたが、

人間の意志は弱いもので、苦痛を避ける欲求と快楽を求める欲求にすぐに負けてしまうのです。

だから、現状を変えたいという思いがあっても、すぐに妥協してあきらめてしまうのですね。

 

習慣化の3つのコツ

習慣化にはコツがありますが、そのコツを知るだけで、達成率は大きく変わります。

そのコツについて以下に書いていきます。

 

習慣化の3つのコツ

1 小さく始めてドミノ効果を利用する

2 未来をデザインする

3 思い込みを利用する

では、1つ目のコツから具体的に説明していきますね。

 

小さく始めてドミノ効果を利用する

習慣化1つ目のコツは、小さく始めてドミノ効果を利用することです。

 

ドミノ効果とは、ドミノ倒しのように、最初は小さな力だったものが、

連鎖を起こしていき、やがて大きな力になっていくことをいいます。

 

習慣化には、この連鎖の力であるドミノ効果を利用すべきなのです。

では、どのようにドミノ効果を起こしていくのかを以下で説明します。

 

小さく始めるの2つの意味

まず小さく始めるとは2つの意味があります。

 

小さな行動から始める

1つ目の意味は小さな行動から始めるということです。

 

歩く習慣を身に付けたい場合に、はじめから1日2時間歩くぞといってもそんなに簡単に続くものではありません。

いきなり大きなことをやろうと思っても無理ですよね。

 

ダイエットのときも、いきなりいつもよりも食事を半分に減らすなんて続くわけがありません。

 

だから最初は誰でもこれぐらいなら絶対できるという小さな行動から始めましょう

 

歩く習慣でいうと、最初から2時間ではなく、10分だけでもいいですし、

ダイエットを始めるなら、食事全体の量をいきなり減らすのではなく、ご飯の量だけを一口分減らすでもOKです。

 

手軽に簡単にできるものからスタートして、ドミノ倒しのように、段々大きな行動へ移動していきます。

これが1つ目の意味です。

難易度の低い別の習慣からスタートする

そして、小さく始めるのもう1つ意味は

難易度の低い別の習慣からスタートするということです。

 

習慣化には難易度があります。

例えば、何十年もずっと喫煙してきた人にとって、禁煙することはとても難易度が高い習慣ですし、

ずっと多くの量の食事をとり続けてきた人にとっては、ダイエットはとても難易度が高い習慣になります。

 

もし、自分が達成したい習慣の難易度が高い場合、いきなりその習慣にチャレンジしても、成功確率は低くなります。

だからまずは、

難易度の低い習慣からチャレンジして、それを成功させることに全力を注ぎましょう

ちなみに私の場合は、最初は禁煙したかったのですが、なかなかうまくいきませんでした。

 

だからまず最初は、自分で一番成功できそうだなと思った

朝起きたら水を一杯飲むという超簡単な習慣から始めました。

 

でも、禁煙したい人が、朝起きたら一杯水を飲むという習慣を身につけて何か意味があるの?

と思うかもしれませんが、とても大きな意味があります。

 

習慣のドミノ効果

先ほど話したように、何十年も喫煙してきて、いきなり禁煙しようと思っても簡単に達成できるわけがありません。

だからまずは、難易度の低い別の習慣からチャレンジします。

 

難易度が低いことでも、自分でやると決めたことを達成することができれば、

それは立派な成功体験として自分の中に蓄積されていきます。

 

大事なことは

小さな成功を積み重ねて、自分が決めたことを着実に達成していくことです

その積み重ねが大きな自信になり、徐々に難易度の高い習慣にもチャレンジできるようになっていきます

 

習慣というのは不思議なもので

1つの小さな習慣が別の習慣へ連鎖していき、まさにドミノ効果のように大きな習慣へつながっていきます。

 

私の場合は、水を飲む習慣から始まって、

その後、早起きの習慣、

禁煙もできて、

軽い筋トレ、

ダイエットも続けることができています。

 

この習慣の連鎖の流れを作ることができれば、はっきり言って、何でもできると思えるようになります。

ただ、このドミノ効果を起こすためには、習慣化の3つのコツを全部利用しなければなりません。

残りのコツは以下の2つでしたね。

未来をデザインする

思い込みを利用する

この2つのコツについては、また次回書いていきますね。

まとめ

最初に書いたように、習慣は身に付くまでは意識して継続しなければなりませんから、

妥協する気持ちに負けてしまうものです。

だからまずは、小さく始めることを通して、小さな成功体験を自分の中に積み上げていきましょう。

超簡単な小さな行動から始めることと

難易度の低い別の習慣から成功させていくことで、

習慣がドミノのように連鎖して、自動的に健康状態になっていきます。

あなたもまずは、朝起きたら水を一杯飲むということから始めてみませんか(^o^)

ではまた。

老化防止のライフ戦略 目次

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください