習慣をデザインして質の高い人生を手に入れよう

こんにちは、ユニソルの小田です。

健康になりたい!でもなかなか習慣作りは難しいと思っている人は多いと思います。

そこで今回は

なぜ習慣化は難しいのか、その理由について深堀して書いていきたいと思います。

習慣化と意志力の関係

ちなみに私は、20年近く吸っていたたばこを禁煙しましたし

早起きも習慣にしています。

自慢か!と思うかもしれませんが、

ちょっと待ってくださいね。

何が言いたいのかというと、

意志が弱くても、習慣づくりはできてしまうということです。

いやいや、意志が強いからできるんでしょ」と思うかもしれませんが、

開き直るわけではありませんが、私の意志はかなり弱い方です!(キリっ)

甘いお菓子があれば、我慢できずに食べてしまいますし、

一つのことを継続することができずに、どれも中途半端で終わってしまうということが本当に多くありました。

今もたくさんあります(´-`)

私は何か良い習慣を継続したり、悪い習慣を断ち切ることは大の苦手でした。

だから、もしあなたが私のように、「自分は意志が弱くて、習慣づくりなんて自信がない」と思っているなら、

今回の記事はかなり参考になりますので、ぜひ最後まで目を通してくださいませ^o^

習慣化がポイント

まず質問からいきますね。

あなたにとって毎日1時間ウォーキングすることは、

簡単なことですか?それとも苦痛なことですか?

もしあなたが普段あまり歩かないなら、毎日欠かさず歩くことはかなり苦痛なことですし、

逆に毎日歩いているなら、歩くことは苦痛でもなんでもなく

逆にやらないと気が済まないぐらいの行動になっているはずです。

ここで考えていただきたいのですが、この差はなぜ生まれるのでしょうか。

決して歩くことが好きかどうか、ではありませんよね。

答えは、単純に習慣になっているかどうかの差なのです。

実際、私たちが歯みがきを毎日続けられる理由は、習慣になっているからであって、

歯みがきが大好きだからというわけではないですよね。

今後、健康でいるためには、運動を続けていくことは必須となりますが、

運動を続けられるかどうかは、要するに習慣化できるかどうかという問題なのです。

誰もが長く生きる時代に、いつまでも人生を楽しむためには、

自分にとってプラスとなる習慣を身につけ、

マイナスとなる習慣を断ち切ることが必要となります。

ただそうは言っても、習慣というのは、

身に付けるまでがとても大変なのです。

その理由は

私たちはすぐに「まあ、いいか」という妥協する気持ちに負けてしまうからです(^^;;

意志に頼る=負け戦

私は自分の意志を全く信用していません。

やるぞ!とか

やめるぞ!

と思っても、コロッと誘惑に負けてしまい、結局続かない^_^;

そんな経験を繰り返してきて、行き着いた答えは

意志に頼ることは、負け戦に挑んでるようなものだということです。

だからまずは、このマインドセットが必要です。

意志は弱いものだから、頼ってはいけない

私やあなただけではなく、どんな人でも、意志は弱いものです。

だから、何かを成し遂げようと思ったら、そんな弱い意志に頼ったやり方をしてはいけないわけです。

要するに、鉄人や仙人でもないかぎり、忍耐や我慢なんてそう長く続かないですから、負けるのは目に見えています。

覚えておいてほしいのですが、習慣づくりは意志の強さの問題ではありませんから、

我慢して続けようとか、

我慢してやめようとか、

思ってはいけません。

そうではなく、

いかに我慢せずに続けられるようにするか、

いかに我慢せずにやめられるようにするか

この考え方で取り組む必要があるというわけです。

意志が弱いなら、意志を強くすればよい

と思うかもしれませんが、これはそうとうレベルが高いです。

それよりも、弱い意志でも勝てる戦いをした方が現実的です。

なぜ意志はこんなに弱いのか

では、なぜ意志は弱いのでしょうか

その理由は意志を邪魔するものがあるからです。

それが欲求です。

人間にはどんな欲求があるのかは、その種類は細かく分ければいくらでもでてきます。

たくさんある欲求を説明しても意味がありませんので、ざっくり、2つに分けます。

1つは、苦痛から解放されたいという欲求で、

もう1つは、快楽を得たいという欲求です。

人間の欲求を大きく分ければ、この2つしかありませんが、

この2つの欲求が習慣づくりを邪魔してくるのです。

習慣化できない理由

タバコをやめたくてもやめられない理由は、

タバコを吸うことが快楽だからであり、

タバコをやめることが苦痛だからです。

この原理はすべてに共通します。

続かない理由、やめられない理由は、すべて同じなのです。

習慣づくり=変化すること

また、習慣化を妨げるもう1つの大きな邪魔者は何かというと、変化することへの恐怖です。

私たち人間は変化することに苦痛を感じるものです。

人間は太古の昔から、いつもと同じ場所で、いつもと同じ人たちに囲まれて、いつもと同じ行動をとることに安心を覚えます。

昔は自然災害や野生動物、疫病などから身を守る必要があったので、いつもと違うことをしたり、いつもと違う場所に行くことは恐怖だったわけです。

だから先ほどの欲求でいうと、

いつもと違うことをすることは苦痛であり、

いつもと同じことをすることが快楽になるわけです。

人間の意志が弱いといわれる理由は、

この苦痛の回避と快楽の追求という2つの大きな欲求と、

変化することへの恐怖が絡み合って、とても大きな勢力となり、

意志を邪魔してくるからです。

だから如何に意志の力を使わずに、これらの欲求や恐怖に打ち勝つのかが重要となるのです。

このシリーズでそのやり方を習得してほしいと思います。

最後に

今回は習慣化はなぜ難しいのかという理由について書きました。

習慣づくりは、意志の力を攻略できるかどうかにかかっています。

どうやって攻略するのかについては、また次回の記事以降で書いていきたいと思います。

決して難しいことはありません。なんせ私が禁煙できたわけですから(^^;

最初に書いたように、私は20年近く喫煙していました。

その間禁煙に挑戦したことも何度もありますが、何度も挫折しました。

また私はもともと、変化するということに、ことさら恐怖を覚える気質で、

まさに現状維持を求めるタイプでしたから、あえて自分の状況を変えようという気も起きませんでした。

だから、禁煙に失敗したら失敗したで別にいいやぐらいに考えていたんですね。

習慣づくりのコツが分かれば、そんな私でも達成できるのですから、あなたもぜひ今後の記事を参考にしていただければと思います。

習慣化の具体的内容は、こちらの記事をご覧ください↓↓

習慣のドミノ効果を利用して健康を自動化する

ではまたm(__)m

老化を防止するライフ戦略 目次

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください